2005年12月01日

12月

                                  山菜うどん.bmp

爆弾低気圧が接近してるそうな。
爆弾て、ずいぶん大げさな名前だなと思いつつ、
よっぽど寒いのかと身構える。
今日まではものすごく天気よかったのになー。

そんなこと考えてたら、なんか温かいものが食べたくなって、
うどんを煮てみる。

家にあった材料で作ったの即席うどん。

具は、なめこ、筍、里芋、ネギ、揚げ玉。
麺は稲庭うどんです。

稲庭うどんの知名度がどれくらいあるのかわからないんですが、
日本3大うどんに数えられてるそうなので、
知っている人はそれなりにいるんでしょう。
知らない人は、リンクにとんで下さい。

ちなみに、稲庭というのは
なまはげの国南部に位置する地区の地名です。
だから、秋田の名産品になるのです。
きりたんぽだけじゃなかった!

前回実家に帰ったとき、母と稲庭懐石の店「養心館」に行きました。
稲庭うどんの名門であり、現代の名工150の一人、
佐藤養助の提供する、うどんをメインにした懐石料理が楽しめる店。

うどん懐石ってなんだと思ったのですが、
普通のかけうどんはもちろん、うどんの巻き寿司とか、
天ぷらとか、うどん以外の料理もわらわらと出されました。
懐石と称するだけあって、お座敷で優雅にそして満腹になりました。

近くにお立ち寄りの際はどうぞ、と言いたいとこだけど
うちの実家から車で15分くらいの僻地にあるので、
なかなか訪れる機会はないんじゃないかと。
それでも行ってみたいつわもの、
偶然近所まで行く方はどうぞ声かけてくださーい。
posted by きょん at 00:18| 東京 ☁| Comment(5) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うどん食べたい りんごもたべたーい☆

きょーーーちゃーーーん
明日のこと考えるとドキドキするー!w
Posted by yoriko at 2005年12月01日 02:01
へぇ〜、これ、うどんなんだぁ。おいしそう〜
記事を読む前にチラッと見た時は、具の多さというのか、雰囲気からラーメンだと思ったけど違うね。早速“稲庭”と検索エンジンにかけてみたけど、色んなページがあるねぇ

爆弾低気圧? 凄い名前をつけた人がいるものだねぇ〜
Posted by AOR at 2005年12月01日 08:06
え〜!!!
稲庭うどんって秋田なの??
祖父母のいる奈良からいっぱい送ってきた覚えがあって、ずっと奈良のもんだと思ってた・・
まさか、秋田の地名とは
Posted by ぶにゃ at 2005年12月01日 11:31
>yoriko

うん、今日までのミッションを達成したら、一緒にご飯食べようね。。

>AOR

うどんなんです。
見た目は確かにラーメン、器もラーメンどんぶり。
稲庭うどんは麺が平べったく、透明感のある喉のどごしのつるっとした茹で上がりになります。

>ぶにゃ

そう、秋田だよ。知らないでしょー。
内陸南部、稲川町という場所の一部地区をこう呼ぶそうです。

きっとぶにゃが一番近いだろうから、
車検ほやほやの愛車で行ってみるもよし。


あ、トラックバックが。
しかもなまはげ。
何度も言うけど、なまはげ見たことないです。
Posted by きょん at 2005年12月01日 11:58
きょんにちょっとお礼を・・・
うどんが好きな親に食べてもらいたいと思ってついさっき通販で、稲庭うどんのセットを実家に配送したよ。僕がいつも実家に帰るときに買っていく手土産を親は正直、喜んでいなかったのね。(東京名物のサブレとか、長野の野沢菜)

でも稲庭うどんを送ったことを親にメールしたら、すぐに喜びの電話を寄越してきたので。
親が言うには稲庭うどんって、うどんの中で高級でちょっと高いのだって? だから親は普段、食べていなかったのだそう。

そっかぁ、僕はうどんの値段の相場を知らなかったので、通販の値段が標準だと思ってためらわずに買ったけど、高かったんだ(汗)

ともかく久々に親に喜んでもらえるものを送ることが出来たので、きょん、有難うね

追伸:トラックバックに対してのきょんの口調からいくと、どうやら記事に対して勝手につくみたいね。ブログのこと、よくわかっているとは言えないAORなので。。。
Posted by AOR at 2005年12月01日 21:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

なまはげ
Excerpt: なまはげなまはげは、大晦日に秋田県の男鹿市と八竜町の一部の各家々で行われる伝統的な民俗行事。本来は小正月の行事であった。冬に囲炉裏にあたっていると手足に「ナモミ」という熱傷|火傷ができる。それを剥いで..
Weblog: 日本の年中行事
Tracked: 2005-12-01 02:08
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。