2005年12月28日

湯けむりの旅 レポート

先日、温泉に行ってきました。
群馬県にある四万温泉で、関東近辺の温泉に比べ、
あまりごみごみしていないのが良いとこ。
時期的なものもあり、以前平日に行った時よりも混み合ってはいたけど、
それでもまぁよしってくらいのもんでした。

さてさて、温泉自体はとてもすばらしかったので、
今さらわざわざ書くこともないのですが、
道中、変わった物に出会いました。

干し納豆。

干し納豆.jpg

青春18きっぷで旅する途中で下車した、
高崎駅の構内しているのを見つけ、購入した。
高崎なのに茨城名産、隣には秋田名産いぶりがっこが。
で、干し納豆とは水戸など茨城県を中心に
昔から食べられているものだそう。
普通の干し納豆は、ネバネバがなくなる程度に乾燥した、
少しやわらかい物らしいですが、
今回購入したのは完全に乾燥したやや硬めのおつまみ納豆。

ジッパー付きのパッケージの封を切り、早速開けてみる。
予想外に、強烈な納豆の香りが漂う。
乾燥してるからってナメちゃいかんね。
食べてみると、やっぱりかなり実際の納豆に近い味が。
干してるだけだからね、当然と言えば当然。
ネバってなくても納豆の味はするもんだね。
味のほうは、納豆嫌いの人にはたまらないと思いますが、
私はけっこうイケました。
確かに、お茶やお酒のお供に向いてそうな味。
塩などであらかじめ調味してあるみたい。
興味のある人は試して下さい。

ちなみに、家でも作れるらしいので
時間と納豆があったらやってみたいと思います。

続いて、温泉街で見つけたお酒。

四万の酒.jpg

右はもろみ入り無濾過のにごり酒。
炭酸微発泡で、普通の日本酒とはかなり違った味が。
年に1度にか出荷されないお酒だそうで、今年は届いたばかり、
とお店のすてきなおばあちゃんが教えてくれた。

左は、既に空いちゃってるけど、凍結梅酒なのです。
神戸酒心館「氷の舞」
前回ここに来た時に初めて飲んだので、2回目。
凍った梅酒を溶かして飲むのだけど、
シャーベット状になっていて自分で凍らせてもこうはならない。
溶かしてかき混ぜて飲むのがおいしいから、
と毎回おばあちゃんが割り箸を1本くれる。
他にもあるものだと思うけど、なぜかここでしか見たことがない。
とってもおいしいです。あるとこ知ってる人がいたら教えてほしいです。
凍結日本酒もあるみたいだけど、こっちはまだ挑戦せず。

ちなみに、わしのや酒店で購入です。





posted by きょん at 02:00| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 食材・モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ほし納豆・・・面白いというのか、僕も試してみたくなるものを見つけてきたねぇ

四万温泉は著名だから知ってはいるものの、行ったことはないなあ〜。その周辺だと川原湯温泉と、友達と行こう行こうと言いながら果たせずにいる法師温泉。行ける日が来るといいなあ。。。
Posted by AOR at 2005年12月28日 21:00
>AOR

温泉はすばらしき日本の文化ですね。
こんなにどこもかしこも温泉があってうれしい限り。
今後は実家近くの温泉をめぐって足場を固めるとともに、
行ったことのない土地にも温泉を求めて踏み入れたいです。
Posted by きょん at 2005年12月29日 18:32
うんうん、温泉はいいね。僕が外国に数年も暮らすことが出来そうもないのは、それもあるかなあ。。。 そうそう、事故だとはいえ、温泉の有毒ガスを吸って亡くなってしまうという不幸な出来事が起きてしまったね

温泉は一時期、入浴剤の事件で信用を失ったことがあったから、今度の事故によって人気が下火にならないといいなあ
Posted by AOR at 2005年12月30日 00:31
>AOR

ええ、かなり近場で起こりました。
羽越線の脱線事故といい、なんだか明るいニュースがないですよ。
Posted by きょん at 2005年12月30日 00:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。