2005年12月31日

大晦日

気が付けば今年も残り1時間を切り、
あっという間にまた1年が終わるとこ。
毎年だんだん興味を失いながらも、
なんとなく紅白をBGMに書き込みをします。
ブログ開設以来、初めての年越しだー!

年末・正月と言えばおせちやお雑煮など、
普段は食べない季節の料理が食卓に並ぶ時期ですね。

特にお雑煮なんかは土地柄がよく出て食べ方も地域色が強いようですが、
実家では大晦日の前日、30日に餅をつくのが恒例。
あ、といってもきねつきではありません、念のため。
電動の餅つきマシーンがごうんごうん言いながら
勝手に餅をついてくれます。
もちろん正月のお供え用の餅を作るためですが、
ついたその日にあんこ、または鶏だしのスープに入れて食べます。
これがお雑煮の代わりなんだろうか。

鶏だしもあっさりしてておいしいし好きなんだけど、割とシンプルなので
他の地域のお雑煮もいつか味わってみたいと思う。
おもしろい、もとい特色のあるお雑煮自慢の方はぜひ教えてほしいです。

そろそろ年越しそばがやって来ますね。
みなさんよいお年を。
posted by きょん at 23:49| 東京 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 食材・モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ほへ〜、電動の持ちつき機なんて便利だね!
お雑煮食べるとお正月って感じ★
2,3日すると飽きてくるんだけどね ^^;
今年もよろしくお願いしっます♪
Posted by さき at 2006年01月01日 10:28
うちも電動の餅つき機ですっ☆特にあたしは豆餅が好きで…あしたのお昼食べるよ(*^^*) 地元にいるうちにでも、うちに食べにおいで〜♪今年もよろしくね(*^3^)/〜☆
Posted by けぃこ at 2006年01月01日 20:04
>電動の餅つきマシーンがごうんごうん言いながら
↑この文、好きだなあ。餅つきは今や、そういうものだってのがわかってw 今、きねつきをやっているところって少なそう

その逆と言えばいいかな?
春樹さんのエッセイ「村上朝日堂」シリーズを再読しているのだけど、春樹さんが主婦ならぬ、主夫をやっていたとき、TVもラジオも買うようなお金が無かったので、当然洗濯機も無く、風呂場で洗濯物を踏んで洗濯をしたという文を読んで、
「ああ、そうか。洗濯って今は手で洗うような事って無いんだよなあ」と思ったよ

Posted by at 2006年01月01日 22:04
>さき

おっ、いらっしゃい☆&今年もよろしくねー。
案の定、うちも明日の朝も餅を食べることになりそう^^;
新年にでも会えるといいねー。
楽しみにしてます☆

>けぃこ

おーぅ、遊びに行きたいです。
かたや就職、けぃこは学生の生活になるけど、
お互よい年にしましょう。。
よろしくー!

>AOR

3番目はAORのコメントですよね?

便利なものが多い世の中ですが、
たまにアナログなものが恋しくなりますね。
Posted by きょん at 2006年01月01日 22:35
うん、そうそう。僕のコメントだよ。でもあれ?
名前を書き忘れても投稿できるものなんだあ・・・なんて感心していては駄目だな×××
Posted by AOR at 2006年01月02日 00:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。