2006年01月06日

久米食堂

これ 何でしょう?

小龍包.jpg

正解:小龍包

もちっとした皮の中に、たっぷりの肉汁と具が詰まってて、
熱々のとこに生姜と酢醤油を添えて食べるとおいしい、あれです。
しかーし、注目は隣のマイルドセブンの箱ですよ。
あれ、縮尺変じゃない??

明日東京に戻るので、今日は家族で晩御飯を食べに出かけました。
場所は院内駅近くの久米食堂。
地元では口コミでなかなか人気があるらしいという隠れた名店です。
創業の歴史も結構古いらしい。
この院内という場所は、かつて銀山として栄えていた時代があり、
その当時から人々の空腹を満たすべく、この地に店を構えていたそうです。

麺類はすべて主人の手打ち、最近では中華料理のメニューも増え、
中でも人気は焼き餃子だそうで。

というわけで、早速焼き餃子、小龍包などの中華料理の定番から注文してみた。

まず始めに出てきたのは焼き餃子。
これが一皿5個入りで300円と値段は普通なのですが、
とにかくなんか大きい。
具体的には、スーパーなどで手に入るチルド餃子の2個分くらいある。
しかも食べてみると、熱い。
そしてこっちが小龍包かと見まがう程に肉汁があふれる。

次に出てきた小龍包。写真参照。
これもデカい。
デカいっていうか、これ、小龍包?
タバコの箱よりデカいよねぇ?肉まんじゃないの?
食べてみると、やっぱり肉まんじゃないだろうか、
という疑念が再燃する。
具体的には、台湾旅行で食べた鼎泰豊の小龍包の見た目3倍、
皮5倍くらいありそう。
小龍包らしく中に肉汁がいっぱいな点を除けば、
見た目もボリュームもまさに肉まん。

これが1人前といって5個も入ってくるから、さらにどびっくり。
この時点でおじーちゃんおばーちゃんかなり満腹宣言。

家族全員から肉まんと呼び名の付いた小龍包の後も、
注文した料理が次々と運ばれてきましたが、
基本的に1人前が十分2人前の量でした。
ほんと、もーおなかいっぱい。
店の主人と知り合いだったので、サービスしてくれたのかも。
どれも手作り感いっぱいで、おいしかったです。

2人前注文して食べきれなかった小龍包はお持ち帰りにしてもらい、
明日の朝食になる予定。


posted by きょん at 23:50| 東京 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | お店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今日はもぅ東京に帰っちゃったかな?
今回は地元で会えて良かったよ〜(*^^*)また地元に帰ってきたら遊ぼうね♪その時にでも院内の久米食堂に食べにいこぅ☆まだ行ったこと無いから今度行ってみます(^○^)
Posted by けぃこ at 2006年01月07日 21:53
たばこがなかったら気付かなかった…
デカすぎですね。
でも想像すると肉汁がたっぷりでジューシーそうなんですが???
次回帰省時はあたしも久米食堂行くしかないな☆
Posted by swiva at 2006年01月07日 23:11
>けぃこ

本日無事、家にたどりついたよ。
今度帰った時は是非、おいしいものでも食べに行こう。
なかなかおいしかったよ!
書いてないけど、カツ丼もかなりおいしかった。

>swiva

うん、ちょっと遠いけどねw
ちなみに、予定通り今日の朝ごはんは巨大小龍包2個だったよ。
Posted by きょん at 2006年01月08日 01:12
ほう、院内駅にそんなとこが・・・
いつもスルーばっかだからなぁ。

機会があれば是非。
Posted by あっき at 2006年01月08日 23:01
>あっき

こっちも、わざわざ下車して立ち寄ることはかなり少ない。
また、こっち方面には用事がないとなかなか行かないのも正直なとこです。
が、ここはなかなかイケてましたので、オススメしときます。
Posted by きょん at 2006年01月08日 23:40
巨大な梅干???・・・と思っちゃったよ(汗)
こういう大きいものを見ると、東京だと吉祥寺の伊勢屋になるのかなあ。。。
Posted by AOR at 2006年01月10日 23:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。